おひさ〜

【原点回帰】
東京に上京して18年目を迎えようとしています
本当に久しぶりの再会の”小田真弘君”

同じ次期に上京、入社して同じ店からのスタート

彼は鹿児島出身、僕は熊本出身

同じ九州男児としての共通点があり、なんだかんだ今もなお繋がっている縁。

お互いにだいぶ年を取りましたが

「変わってないね〜」

と第一声を貰えただけでも良いのか悪いのか、、

「君も相変わらずガイコツ感、変わんないぞっ!」

って言ってやりました。まーお互い

”美容師戦国時代(デフレの始まりの時、マクドナルドのハンバーガーが¥65でしたねー)

を生き抜いてきた者同士ですから、よく続けてこれたもんだなーって笑。

何回「辞めてやる!」って思ったか数えきれないくらいありますし「頭おかしいの?」って言われるような事ばかりやってました笑


そして思い出しました。


”ボヤ事件”




当時仲良くしていた先輩と

「亮多〜、炊きたてのご飯食べたいよなー、、」

と言っていたので次の日には炊飯器を持って出勤
店長には隠れて米を研ぎ、せっかくだからと
鳥釜飯の素
を持参した僕は、お昼に入るであろう時間に


タイマーセット




もうそろそろ炊き上がるころには、お店が忙しくてなかなかスタッフルームには入れずに忘れていた頃に女性の先輩がなんか慌ただしい動きをしている。


「スタッフルームが燃えている!!!」




開けたら煙(ご飯が炊き上がる時の蒸気です)が蔓延していて


「火事だーーーーーーーっ」

(煙では無く、ご飯が炊き上がる前の蒸気)

慌ててました。僕もすっかり忘れていて
シャンプーで上がったばかりのお客様を誘導しなきゃ!と思った瞬間、、

(ちょっと待てよ・・・)あーーーーーーーっっっ

めちゃ怒られました。先輩も。。
確か頭蓋骨粉砕しました。

それは、1年目の夏でした、、

今そんな事やる子いないし、もともとバカな事やってるなぁーと自覚はありましたが、なんせ九州男児なので引けません。
その時、小田君は

見つかったら絶対怒られるよ〜

と言って傍観者でした(なんせ17年前)


「お前も九州男児だったら逃げちゃいかんだろっ!」




と言っていたハズ、、
帰り道に思い出してました。

「なんだかんだ続けてこれたのも、君の存在も大きいよー」

原点回帰です。
お迎え行かなきゃー

orbeloure

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください