【年末を迎える僕へ〜未来投稿〜】この記事を見てその時に何を思うか?為になっていれば幸いだ。

                  

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-5743635439281701”,
enable_page_level_ads: true
});

年末まで後6ヶ月くらい。
その時の僕はこれを見てどう思うだろうか??

新しい年号も決まっているだろう。

仮想通貨の話なども今よりも大々的に話も取り上げられて、胡散臭い人達も増えているだろうし、良く耳にするような会社や量販店が参入しているだろう。

今年倒産した会社などが沢山リストに上がっていたりもするだろう。
東芝が原因でさらなる倒産を示唆するようなコメンテーターなどがワイドショーなどとかで発言したり外食産業や、物販など消費がさがっていく中で

「今流行っている」

など変わり種なんかを報道されるがテレビの情報よりもネットの情報がより速くなっているし、不明確なものも多くなっているだろう。

美容業界も来年にはフリーランスの動きも大々的に雑誌などでも扱われるようになったり、今よりも地方と言われる都市郊外の美容室の特集などが増えて地方行政などとの取り組みが盛んになっていく。

都市の美容室でも今までよりも初級技術者や、アシスタントの講習なども盛んになりSNSを通じた講習が至る所で旋風を巻き起こすはずだろう。

もはや美容室を選ぶという時代は終わりをつげていて、より人を選びついていく時代になってくる。

システムや価格よりもお客様に寄り添える美容師が何人いるのか、全てではないが働く側のやり方や、思考の差は開いてくる。

体とシステム、心とサービス。

保育園問題はあまり変わらず平行線のままだが、地方などで企業が今よりも託児所を併設した場所を提供するような動きが盛んに報道されるが、出来るかどうかは保育士の雇用問題が進まない限りはあまり変わらないだろう。

物のIot化がどんどん盛んになり技術開発部門の人達とそれを活用する前の運搬や施工業者が忙しくなり、体と頭を使う人達の二極化がさらなる拍車をかけて進んでいき、買い物など一般家庭の消費はますます下がっていくだろう。

海外との貿易、輸出なども世界中の転換期であるがゆえに三年くらいはあまり良いとは言えない状況が大規模な会社ほど進んでいき、中規模、小規模産業のIotがちらほらとりだたされて、投資化などの助力から世界に広まるものもある。

閉鎖的な日本にはそういった情報はあまり取り上げられずに、批判、抽象的な情報に耳を傾けがちだと思う人達がまだまだ多いので、秒でなくなりいつもと変わらずな毎日に感じてしまう。

教育も英語やIotにより、電子黒板、iPadがどんどんはいってきて、紙媒体のものが無くなってきている。

年間2兆円の捻出が生まれても、そういったものへ関心や、理解がない親世代には関係ない。対応出来ない親からのクレーム対応に嫌気がさす先生方が去っていき、本末転倒な学校が増えるだろう。

我々美容師も時代の流れには逆らえない。

体とシステム・仕組みでの環境

頭と心を通わせての環境

もう体一つだけの一馬力で仕事をする時代ではない。

当たり前というものへの疑問視がない事が退化していく始まりだ。

今の時代の中で活用出来るものを自分に合わせた働き方が出来なければ、生き残れないと思っている。

それを判断しても対応出来るかどうかの柔軟さがなければ、行動力や引っ張っていけるリーダーが、いなければ下は育たないと思ってもいる。

どんどん差は開き、お互いが交わる事は無くなっていくと、閉鎖的な思考が好まれるようになり、二極化になってしまう。

合理的なサービスなんかが通用しないステージが迫る中で、今自分は何をもって目の前の仕事に取り組んでいるのかを考えて欲しい。







年末の自分は今何思っているかい?




orbeloure

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください